ガーデニングのレビュー~!システム

コツがいりそうですが効果は明らかです。雨の降った後など、土が湿っている時が、作業がしやすいです。(画像1)わかりにくいですが微塵状態の土(画像2)にかけて混ぜたら本当にあっという間に団粒化しました。

こちらです!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ガーデニング システムEB-a 1L(液肥 肥料 畑 家庭菜園 ガーデニング 農芸用 園芸用品 農業資材 農業用資材 土壌改良 散布 灌水 耕土 播種床 さし木 さし芽 植樹 床土 鉢 盆栽 植木鉢 土壌灌注 移植 定植 芝地 苔地 芝生 畑の肥料 液体肥料 日本農業システム 農業 園芸道具 園芸用具 農業用具)

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

とりあえず15センチほど掘って一度目の散布をしたところ、翌日には鍬が刺さりやすくなりました。ガチガチだった土は!少し扱いやすくなった気がします。☆菜園の土を耕す時…スコップで土を粗く起こし!堆肥!肥料などと共に!EB−a200培液(1Lに5ml)をまきます。その後、植物を植え付けると、植物の生育もいいです。掘り起こした土と掘り起こす前の土に直接撒きましたが!掘り起こした方はパラパラになりました。このときは耕運機のタイヤや爪全体は粘った土がへばりついた状態でした。未だ!結果は分からないけど!なんだかとても楽しみです。もともと水田の土地なので頑固な粘土質です。最初は半信半疑ではありましたが!3日後にスコップを入れてみるとサクサク掘れます!どれくらい効果が持続するかによってまた注文いたします。根菜類は固い泥炭のためか、成功する事は有りませんでした。雨降り後3日後耕運機で耕し「EP-a」300倍液を散布しました。効果は今からですが!他の人のレビューを見て!すごく楽しみです◎粘土土の庭の為こちらを購入してみました。今後も使用するつもりです。後に植える野菜苗の生育も良くなると感じています。2本注文しました!さっそく家庭菜園10坪に200倍で散布しました。数日後に散布したエリアと、散布していないエリアを手で触ってみましたが、確かに違いました。2本購入しましたが!無くなったら!またリピしたいと思います。こちらの商品は!地力増進法政令指定土壌改良資材(とろりとした液体)です=200培位の濃い目の希釈液を土にまくと!瞬時に土壌を団粒化(サクサクになる)する働きがあるそうです=夏野菜の栽培でくたくたに疲れた菜園の土や!宅地造成地の土は!固く締まり!粘土質になっていることが多いですよね。庭の土が粘土質の為、腐葉土やもみ殻を漉き込むため掘り起こしましたが、予想以上に粘土でしたのでこちらの力を借りようと購入しました。 あと手袋はぺらぺらだったので、これなら要らなかったです。それを耕すのはかなり大変(>_<)。直接撒いた方は効果が分かりにくかったです。その後、紅くるりを蒔いて、いつもよりは成長が良いと感じます。50平米の庭の半分ほどを約20cmの深さで耕し、雨上がりの翌日に、その半分の土地(約12平米)にEB-aを200倍で散布してみました。そのためネットで調べて水撒きがてら1週間続けてEB-aを使ってみたところ!乾いた状態でも表面は手で軽くほぐせる位になりました。新築に引っ越してきてさて草取り!と思ってスコップで掘ったら凄い粘土質のカチカチの土、笹の根、瓦礫に石!頑張って石や瓦礫取ってから使おうと思い購入して何ヵ月か…大雨で庭が池になってしまい、慌てて次の晴れた日にジョーロでまいたところ即フカフカの畑のような土に!笹の根も石もサクサク取れて最初からまけば良かったな〜と少し後悔したもののこの薬凄いです!粘土層の畑に困っていました。昨秋から放置していた畑に耕してサツマイモを植え付けたものの、5月の晴天と乾燥でカチカチになりヒビも入る程に畝が固くなってしまいました。ガーデニングにハマっています。。庭の土壌改良したいと思って!この商品にたどり着きました。それで!私はこのEB−aを!以下のような用途に!省力化の為によく使っています。☆プランター古いリサイクルに…土がつぶれて固くなったプランター古土に、堆肥、肥料、EB−aをまいて、混ぜておくと、ふかふかの土に蘇ります。かなりの堆肥を入れて耕してきましたが!雨が降れば何日もべとべととなり!晴れ間が続くとひび割れ状態でした。楽天市場でも人気がある商品のようです。微塵になってしまった土を廃棄もできず困って調べていたらこの商品がヒットしたので事前に製造元に問合せ、こちらのショップで購入。庭が粘土質だったので!土壌改良のために購入しました。粘土畑は!粘り状態に応じて「EB-a」と有機物を併用すれば早期大幅改善出来ることが分かりました。土がふっくらしています。今後は畑にも使ってみようと思います。根の発育にいいらしいので!毎年!使用しています。土の団粒化が起こるので、苗の活着や、根張りがよくなるように思います。最近まとまった雨が降らないのでまだ地表数センチの効果ですが、正直想定以上だったので、梅雨を利用して奧まで浸透させてイモを太らせようと思います。=少し高めのお値段かもしれませんが!薄めて使うので!かなり持ちます。(画像3)画像3は分かり易くするためにホワイトバランスを調整したのでべとべとのように映っていますが!実際はサラサラ!ホロホロです。☆苗の植え付けや水遣りの際に…1000培位の希釈液を!ジョウロで水遣りします。思っていた通り水はけが良くなりました。我が家の家庭菜園は150つぼ有り!土を30センチほど掘ると泥炭とかモールが出て深く土を掘り返す事が有りません。北海道は大根を七月に蒔きますのでまくまえにEB-a を使用しました。翌日午前にもう一度300倍液を散布し午後に耕運機で耕したところ、土が耕運機にまとわりつくことがなく、畑そのものの粘り付けが無くなりました。画像2は、EB−aを使って土づくりをした後に、玉竜を植えて作った「玉竜の小径」の様子です。中の液体は緩めの糊みたいです。まだよく分かりませんが土日にでもがっつりまいて経過見てみます。200倍に薄めて使用しますが!蒔く場所が広範囲の為!結構手間です。焼酎瓶4Lと2Lペットで希釈しました。商品の注文から到着までがすごく早いです。とりあえず草木の辺りに。初めて「EB-a」を使用しました。☆庭に植物を植え付ける際の土作り省力化の為に…宅地造成地の庭の土は、大体粘土質の場合が多く、土づくりも大変です。どろっとしていてグリセリンのような質感。もう一度10センチほど掘って二度目の散布をしたところです。そうするとかなり土が柔らかく、サクサクになるので、耕しやすくなります。明らかに土はほぐれて来ましたが、大きな固まりには水が染み込まないので、残ってしまいます。植物も育ちにくいので、腐葉土堆肥、などと共に、EB−aをまくと、割と楽に土づくりが出来ます。土(粘土)の塊が出来たので、堆肥を混ぜてさら塊を砕き更に「EB-a」300倍液を散布し耕したところ植え付け可能となり大幅に改善出来ました。早速水はけの悪い植木鉢に使いました。今は冬で雨が少なく!水たまりなどの出来がわかりませんが!梅雨時期のドロドロでどうなるか楽しみです。ただ!200倍から500倍の計算を間違えて少し濃いめに与えてしまいました。土もふんわりさせてくれるので2倍お得です。